無料メルマガ 登録フォーム

副業支援メールマガジン

メールアドレス



自己紹介

はじめまして、Rayと申します。

僕はネットビジネス業界では全くの無名ですが、2006年から今日までずっとネットビジネス一本で生計を立てています。無名なのは、「お金稼ぎの情報」とは無縁の趣味分野で活動しているからです。

ただ、そのビジネスも起業して約10年経ち、

 ・メルマガ読者10000人以上
 ・5年以上ものシナリオによるステップメールでの自動化
 ・数十種類のフロントエンド商品
 ・4つの会員制ビジネス運営

など、ほぼ手を掛けずとも回るようになりました。

メルぞう社長の呼野さんも、僕のことを音声でこう紹介してくれています。
※呼野さんから掲載許可をいただいています。

2017年6月から、このビジネスと平行して10年以上に渡るビジネス経験を多くの人に伝えようと情報発信を開始しました。メルマガでは、これまで培ってきた経験に基づく活きたノウハウを惜しみなく公開しています。

このメルマガを読むべきでない人

毎回全力でメルマガを配信していますし、いただいた質問メールにも個別に返信しています。ですので、「こういう人とは付き合いたくない」というのを予め明確にしておきたいと思います。1つでも当てはまる場合は、たぶん僕と合わないと思いますのでメルマガ登録をご控えください。

自分さえ良ければいいという人

「人に喜ばれるサービス・商品を提供して、その対価としてお金をいただく」

これが僕のビジネスのスタンスですし、これがあるから1つのビジネスを10年以上も続けてこれたのだと思います。僕のメルマガ読者さんもそうであってほしいと願っています。

「稼ぐためならどんなものでも紹介するし、販売もする」という人に僕のノウハウを利用されたくはありません。お互い気持ちよくビジネスできる関係を築いていきましょう。

依存度が高い人

「やっと信用できる人に出会えました!」「あなたについていきます!」

プロダクトローンチやステップメールを読むとこんな書き込みをしている人が多いですが、正直気持ち悪いです。たった数通のメールでそんなことを言ってしまう人は勝手に信用して裏切られるという販売者にとって最高のカモです。

僕に依存されても困りますし、あなたの収入や将来を保証するなんて大それたことはできません。人から与えられた情報は自分の頭で整理して、自分なりに活用してください。

「Rayさん、それは違うんじゃない?」という意見も普通にありだと思います。

初心者・素人

「ビジネス初心者でも稼げる方法を探しています」という場合は僕のメルマガに期待しないでください。初心者・素人が稼げるほどビジネスは甘くないし、そんな方法を僕は知りません。

「法律の素人が勉強する」→「資格を取る」→「弁護士として経験を積んで稼げるようになる」

普通に考えれば当たり前のことですが、なぜかビジネスになると初心者でも一攫千金が狙えると勘違いしている人が多いです。

「今はまだビジネスを始めたばかりだから稼げないのは当然。だから経験を積んで早く初心者を卒業して稼げるようになりたい」というのでしたら、ぜひ一緒に頑張っていきましょう。僕も全力で応援します。

楽して稼ぎたい人

簡単に稼ぐ方法はメルマガでも随時紹介していきますが、「簡単」と「楽して」は意味が全く違います。「放ったらかしで」「完全自動で」という方法ばかり追い求めている場合は購読をお控えください。

先ほど、僕のビジネスは全自動で回っていると言いましたが、それはその仕組みを作り上げるために10年間努力し続けたからです。ビジネスを始めてすぐに自動で長年安定して稼ぎ続ける方法を僕は知りません。

実践で使えるわかりやすい内容

以上、キツイことばかりお話ししたかもしれませんが、

 ・人の役立つビジネスがしたい
 ・努力して稼ぐ力を身につけたい

この2つの当たり前の気持ちを持っているのでしたら、きっと僕のメルマガがお役に立つと思います。メルマガの内容自体はビジネス初心者の方でも理解でき、実践できるようなわかりやすいものばかりです。

購読は無料で、不要と感じた場合はいつでも配信解除できるので安心して下記フォームから無料登録してください。それでは、またメルマガでお会いできることを楽しみにしています。

メールアドレス



  1. 電子書籍

    ビジネス関連のKindle本紹介
  2. 電子書籍

    Kindle電子書籍出版のための初期登録
  3. 電子書籍

    1年でヨガ教室の生徒を10倍にした集客法
  4. 売れる電子書籍のタイトル

    電子書籍

    売れるKindle電子書籍のタイトル
  5. Kindle電子書籍の表紙の作り方

    電子書籍

    売れるKindle電子書籍の表紙の作り方
PAGE TOP