ステップメール

メルマガ・ステップメール

ステップメールの効果とは?

「メルマガの反応が落ちてきた」
「集客から販売までの流れを自動化したい」
「購入者フォローメールを決まった日に届けたい」

もしあなたがこう思っているのでしたらステップメールがオススメです。ステップメールは使い方次第で強力なマーケティングツールになり得ます。

そこで今回はステップメールの効果や活用方法を1つずつ紹介してきましょう。

ステップメールとは?

ステップメールは予めシナリオを作成し、設定した日程通りに自動配信していくマーケティングツールです。

ステップメール

このようなシナリオを作成しておけば自動的にメールが配信されます。上図は購入者フォローメールの例ですが、「配信し忘れた」なんてことが無くなります。

ステップメールとメルマガの違い

どちらもメールを使ったマーケティング手法ですが、利用方法は全く違います。それぞれにメリット、デメリットがあるので特徴を活かして使い分けていきましょう。

ステップメールの特徴

ステップメールには「一度シナリオさえ作ってしまえば自動化できる」「1通目から順に読んでもらえる」「反応をテストして変更できる」

このような特徴があります。

メルマガの特徴

一方、メルマガは「今読んでほしい情報をその瞬間に配信できる」という特徴があります。「新商品の告知」「リアルタイムの旬な情報」などは、前もってシナリオを用意するステップメールでは対応できません。

ステップメールのシナリオ作成方法

次に、ステップメールのシナリオ作成方法を紹介します。

シナリオの目標を決める

基本的にステップメールは1つのシナリオに付き1つの目標を設定します。商品Aを販売したいのでしたら、それを販売するためだけにシナリオを作っていきます。これは毎回売り込むという意味ではなく、読者の購入意欲を高めてから販売するということです。

販売以外にも、「ブランディングしてファンを増やしたい」「購入者の満足度を上げたい」のような場合もあります。目標がなければシナリオの書き様がありませんので、まずはここをしっかり設定しましょう。

目標に適した属性を集める

シナリオの目標が決まったら、それを欲している人のみを集めていきます。

目標を明確にすることで、よりターゲットが絞りやすくなります。「こんな人も読んでくれたらいいな~」ではなく、「この人のためのシナリオ」というメッセージがあるはずです。それを全面に出して読者を募集しましょう。

属性に適したアプローチ

集めた属性に適したアプローチをしましょう。新規顧客を集めたいのでしたら、自己紹介やコンテンツ提供で信頼を得てから販売という流れがいいかもしれません。

メルマガ読者限定の特典で限定性を出したり、Q&Aやお客様の声を使って販売促進を強化するのも一般的です。「興味を持ってもらう」⇒「コンテンツによる教育」⇒「販売」という流れが定番ですが、ご自身の目標に合わせて考えていきましょう。

ステップメールのシナリオテンプレート

概要をお話したところで、次はステップメールのシナリオを紹介します。様々なテンプレートがありますが、ステップメール初心者の方はまずこの手順で書いてみてください。

1通目

1通目は登録直後に届くメールになります。ここでは、「登録お礼」「自己紹介」「メールの目的」「プレゼント」の4つを書いていきましょう。

登録のお礼

「メール登録していただき、ありがとうございます」と伝えるのは礼儀として当たり前のことです。

自己紹介

登録者はあなたのことを全く知らない人ばかりですので、最初に自己紹介しておきます。内容はステップメールに沿ったものにしましょう。

例えば、

私は以前太っていて周りの目が恥ずかしく、着たい服もサイズがなくて選べませんでした。様々なダイエットに挑戦しては失敗の繰り返しでしたが・・・

このように、読者さんの共感を得られ、さらに商品に関連した自己紹介を書いていきます。読者さんはあなたに興味ありませんので、履歴書のような読者が無関心な事項の羅列などはオススメしません。

メールの目的

「なぜこのメールを配信するのか?」「それを読むことで、読者さんはどうなるのか?」この2点をお伝えします。

これは自己紹介に混ぜて、以下のように自然な流れにすることもできます。

様々なダイエットに挑戦しては失敗の繰り返しでしたが・・・ そんな私が無理できるちょっとした習慣を取り入れることで劇的なダイエットに成功したのです。このメール講座では、その方法を包み隠さずお伝えします。実践してこれまでのダイエットの悩みとは無縁の生活を手に入れましょう

プレゼント

メルマガ登録のお礼のプレゼントを配布しているのでしたら、ここでお渡しします。プレゼントがないのでしたら、その代りにコンテンツを提供しましょう。

読者さんのモチベーションが一番高いのは登録直後の1通目ですので、ここで読者さんの役に立つ情報を提供するのです。「詳しくは次回から~」というシナリオも多いですが、それでは次回を読んでもらえない可能性が高くなります。

「プレゼント」「コンテンツ」のどちらでも構いません。1通目から「このメール講座は私の悩みを解決してくれそう」と感じてもらうことで、2通目以降の精読率が高くなります。

2~3通目

自分にメリットがありそうだから登録している読者さんが多いので、ここでもコンテンツを提供していきます。「無料なのにここまで教えてくれる」と感じてもらえるような情報を提供していくのがオススメです。

「無料でこれなら、有料商品はもっとスゴそう」という期待を持ってもらえる。さらに、「この人のメールをもっと読んでみたい」というファンを作る効果もあります。

4通目

ここでは、あなたの商品や活動に対する熱い想いや理念を伝えます。

私も以前は辛い思いをしていたので、あなたの今の気持ちがわかります。そんなあなたを救いたい。そんな気持ちでこの活動を始めました

ベタですが、このようなどん底から復活するというパターンが定番だったりします。

「役立つ情報をくれる」プラス、「理念に共感できるし、人としてついていきたい」と感じてもらうことで、読者さんとより強い結び付きが生まれます。

5通目

ここでは「機能的価値」「情緒的価値」という2つの側面から、商品の魅力を伝えていきます。また、購入後の未来をイメージしてもらうことも大切です。

機能的価値

商品の内容やスペック的な特徴。
「どのような利便性があるのか?」「類似商品と違う部分は?」など。

情緒的価値

その商品を使うことによって得られるポジティブな感情。
「かっこよくなる」「快適になる」「周りから羨ましがられる」など。

「この商品を使うことで、あなたはこのように変化することができます。そうなれば、こんなこともできるように・・・」といった購入後の姿をイメージさせることも大切です。

また、ここでお金の価値を共有することも重要です。「このようなベネフィット(商品価値)を手に入れるために投資を惜しむべきではない」など、こういうものにお金を使うことは賢い選択という価値観を共有しましょう。

6通目

ここでは商品の信用度を上げ期待感を高めるために第3者、つまりお客様の声を紹介していきます。お客様の声は内容を散りばめることを意識しましょう。

「使いやすかった(利便性)」「効果が表れました(利用後の結果)」「悩みから解消され、こうなりました(購入後のイメージ)」など、感想内容を分散させることでより多くの人に響く効果があります。

ここでは、商品の販売予告も行います。

7通目

予告どおり商品の販売ページへ誘導します。この時、希少性や限定性などがあるとより成約率が高まります。「先着●名さま限定」「●月●日までの特別価格」「読者さま限定プレゼント」などを活用しましょう。

また、これまで紹介してきたベネフィットやお客様の声などを、切り口を変えて記載することで商品への期待値を高めることもできます。

最後に、これまでお読みいただいたお礼、最終回となることを述べて終了させます。

まとめ

以上、定番のステップメールテンプレートを紹介しました。ステップメールの成約率を上げるためにはテストが不可欠ですので、まずは流れの大枠を作ってしまい、そこから反応を見て修正していきましょう。

もっとシナリオについて詳しく知りたい場合は、こちらの無料メール講座も合わせてご覧ください。

全自動リストマーケティングシステム

ステップメールの成約率を上げる

ステップメールのメリットは、何度もシナリオを変更できるということです。

「3通目から反応が落ちているから、ここのメール文章を変更してみよう」「●●に反応する人が多いから、この部分をもう少し強く押してみよう」

このようにテストを繰り返して成約率や精読率を上げることができるのです。販売力の強いステップメールができれば、そこに読者を集めるだけであなたの商品がどんどん自動的に売れていきます。

テストをするためには、「精読率」「成約率」の2つを把握する必要があります。これらのチェック機能はステップメール配信サービスに備わっていることも多いです。もし精読率や成約率を把握できない配信サービスをご利用の場合は次の方法で調査していきましょう。

ステップメールの精読率と成約率を把握

GoogleのURL生成ツールとAnalyticsを連動させて精読率や成約率を計ることができます。この方法は設定したリンクのクリック数と、そこからの成約数がわかります。ステップメール以外にもPDFファイルやPPC、SNSなど、様々な場面で使えるので便利です。

GoogleAnalytics キャンペーンURLビルダー

GoogleAnalyticsのキャンペーンURLビルダーにアクセスします。
キャンペーンURLビルダー

情報を記載する

ステップメール

URLを取得

ステップメール

長いURLになるので短縮URLにするのがおすすめです。「URLをショートリンクに変換する」をクリックすると短縮URLが発行されます。

この手順でステップメールに記載するURLを生成しましょう。「何通目のリンクが何クリックされて、そこからの成約率がどのくらいか」を把握する必要があるので、たとえリンク先のページが同じでも毎通分、生成作業を行ってください。

確認する

自分でURLをクリックして、GoogleAnalyticsの「リアルタイム→トラフィック」と進んでみましょう。

ステップメール

このように表示されればOKです。

クリック率と成約率の確認

クリック率と成約率を確認する場合はGoogleAnalyticsで「集客→キャンペーン→すべてのキャンペーン」と進みます。

ステップメール

ここでクリック率や成約率などをチェックすることができます。成約関連の情報を知るためには予めGoogleAnalytics側で目標設定しておく必要があります。

ステップメールを効果的に運用する

僕は10年ほど前からステップメールを活用し、自分のビジネスの1カテゴリで数十パターンのシナリオを用意しています。「新規顧客獲得」「購入者フォロー」「ブランディング」「定期的な接触」など、あらゆる目標のシナリオがあります。

ステップメール

さらに1300日くらいのシナリオも複数作成。1年分くらいなら十数パターンありますし、目標によって2週間、3ヵ月など様々なシナリオも完成させています。

ステップメール

このような仕組みを完成させると、完全に放ったらかしで毎月安定した売上を出すことができます。そのステップメール運用術をまとめた著書があるので、ぜひ読んでみてください。

趣味で安定収入を得るステップメール運用術

稼ぐノウハウをひたすら垂れ流す無料メールマガジン

会員サービス構築、メールマーケティング、
最新情報、集客、コピーライティング・・・

無料メルマガでは2006年からネットビジネス一本で生計を立てている
実践的なノウハウを垂れ流しています。

再現性抜群の成功メソッドを受け取ってください。

メールアドレス




関連記事

  1. 記事に価値を持たせる簡単な方法

    メルマガ・ステップメール

    記事にオリジナリティ出して価値を持たせる方法

    メルマガを発行開始して29号。創刊号が6月17日発行なのでなかなか…

  2. 無料レポート

    メルマガ・ステップメール

    メルぞう・ブログからの無料レポートダウンロード数

    メルぞう、Xamに無料レポートが掲載されて約4日経ちました。ま…

  3. メルマガクリック率

    メルマガ・ステップメール

    メルマガのクリック&CV率を測定

    メルマガ発行者なら最低限把握しておくべき項目に、 ・クリック率…

  4. 無料レポート

    メルマガ・ステップメール

    メルぞう・Xamはオワコンか?

    現在、無料レポートスタンドの大手と言えば「メルぞう」、そしてその姉…

  5. メルマガでの売り込み

    メルマガ・ステップメール

    売り込み方を考える

    昨日公開されたばかりの僕のKindleデビュー作http://in…

  6. メルぞう無料レポート

    メルマガ・ステップメール

    メルぞうオススメレポートの効果

    昨日、メルぞうのオススメレポートに掲載されました。この特典をフ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

稼げるマーケティング本

Kindle本

安定したビジネス構築を学ぶためのメルマガ

Kindle関連 おすすめ記事

  1. 売れる電子書籍のタイトル

マーケティング関連 おすすめ記事

  1. ステップメールの書き方
  2. コンテンツを使い回す方法
  3. 記事に価値を持たせる簡単な方法

安定したビジネス構築を学ぶためのメルマガ

  1. 電子書籍

    1年でヨガ教室の生徒を10倍にした集客法
  2. Kindle電子書籍の表紙の作り方

    電子書籍

    売れるKindle電子書籍の表紙の作り方
  3. 電子書籍

    ビジネス関連のKindle本紹介
  4. Kindle電子書籍の出版方法

    電子書籍

    Kindle電子書籍の出版方法
  5. Kindle用の電子書籍の制作方法

    電子書籍

    Kindle用の電子書籍の制作方法
PAGE TOP