無料レポートの表紙

電子書籍

電子書籍のブックカバーを考える

今日は無料レポート第2弾を作成していました。

メルぞう・Xamには申請済みですので、
数日後には掲載されると思います。

次はこれを「1章」として盛り込んだレポートを
Kindle用に作成していく予定です。

レポートの表紙とタイトルはこんな感じ

無料レポート

最近はKindleでいかにダウンロードされるか?

それを勉強しているのですが、
無料レポートでも共通する部分がありますよね。

僕が意識しているのは

 1 タイトル
 2 表紙画像
 3 説明文

この3つです。

・短くて(16文字くらい)中身がイメージできるタイトル

・目立って本の内容がわかる表紙画像

・上記2つで目に留まった人が、さらに読みたくなる紹介文

こんな感じでしょうか。

たとえば、、

メルぞうのトップページを見てみると、
「e-Book大賞 受賞作品」が14本掲載されています。

それを眺めていると、
「3D画像」は1本だけなんですよね。

※「3D画像」=立体的な本みたいなやつ

「3Dブックカバーを作る方法」
という無料レポートがたくさんあります。

というか無料レポートスタンドにある
「ブックカバーを作る方法」はだいたいコレです。

でも、3Dのブックカバーは文字が見づらくなるので、
マイナスにしかならない気がします。

だからe-Book大賞を受賞されるような作者は
普通の画像で文字が目立つようにしているのかなぁ、と。

ちなみに1つある3D画像のレポートも白地に黒文字で、
「ブログで稼ぐ」という部分はしっかり見えています。

こんな感じで、Kindleの売れている本とか
メルぞうのトップページを見ていると
それだけで結構勉強になることが多いです。

ブランディングで売っている人も多いですが、
それ以外では販売数、ダウンロード数は

 1 タイトル
 2 表紙画像
 3 説明文

この3つ次第と言えます。

立ち読みできないので、判断材料はこれだけかと。

僕ももっと研究しつつ出版して、
売れる本、レポートが作れるようになりたいですね。

ということで、今日は無料レポートを作っていて
感じたことをお話ししてみました。

電子書籍のブックカバーについては
この記事でも詳しく解説しています。

合わせてお読みください。

日刊ビジネスメルマガ

広告バナー
2006年からネットビジネス一本で生計を立てている実践的なノウハウを無料公開!

コピーライティングやメールマーケティングの王道から最新手法まで幅広くお伝えしています。

再現性抜群の成功メソッドを受け取ってください。

関連記事

  1. Kindle出版

    電子書籍

    副業で堅実に月収1万円稼ぐ方法

    「一般企業に入社 → 老後まで安泰」この終身雇用制度が当たり前…

  2. Kindleに出版

    電子書籍

    Kindleに出版

    3日ぶりの記事更新です(汗)日曜日が5時間耐久マラソン月曜…

  3. 電子書籍

    Kindle本 eコマース・マーケティング部門1位

    昨日から始まったKindle本の無料キャンペーンですが、初日でいく…

  4. 電子書籍

    ダイレクト・マーケティング部門売上1&2位

    今月に入って立て続けに公開したコピーライティングの本。 …

  5. 電子書籍

    ビジネス関連のKindle本紹介

    出版中のビジネス系Kindle本一覧です。全てKindle U…

  6. 人を動かす

    電子書籍

    こうすれば必ず人は動く

    よく起業家が読むべき本という話題になると ・影響力の武器 …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Kindle関連 おすすめ記事

マーケティング関連 おすすめ記事

  1. 記事に価値を持たせる簡単な方法
  2. マーケティングアイディアのネタ元
  3. 相手に伝わる文章を書くコツ
  1. 電子書籍

    ビジネス関連のKindle本紹介
  2. 電子書籍

    1年でヨガ教室の生徒を10倍にした集客法
PAGE TOP