女性をターゲットにしたネットビジネス

稼ぐ方法

女性をターゲットにしたネットビジネス

昨日、ある女性起業家さんにスポットコンサルをお願いして、1時間ほどお話しさせていただきました。

その中でいくつか面白そうな案が浮かんだので、それをシェアしたいと思います。

「女性はみんなそういうもの」みたいな前提の書き方をしていますが、あくまでも昨日の対談から設定したペルソナについてのお話しです。

コンサルで相談したこと

コンサルをお願いしたのは、佐藤久美さんというXamのE-Book大賞で優秀賞を獲得されている方です。
優秀賞レポート『Lifusion』

僕が久美さんにお聞きしたかったのは、「女性目線でのネットビジネス」「コンテンツ購入時の女性の購入心理」みたいなことで、リサーチ的な内容でした。

自身でビジネスをやっていて結果も出されている女性から、購入心理を聞いてみたかったわけです。

女性客を増やすメリット

これまで「ネットビジネス」と言えば、かなりクローズドな世界でした。世間一般からは「怪しい」「詐欺」みたいに思われています。

ですが最近はかなりオープンになってきていますよね。

いわゆる「情報商材」と呼ばれるものは相変わらずですが、少し外に目を向けてみると「ココナラ」「クラウドファンディング」「YouTube」「メルカリ」などはインフォトップのような情報商材とは無縁の人たちが利用しているのです。

今後もこの傾向は強くなるはずですし、そういう市場で活動した方がビジネスが広がるでしょう。そもそも市場規模が全く違うわけですから。

そして、

「SNSで拡散する」
「友達を誘ってグループで参加する」
「リピーターになりやすい」
「楽しくて安心な雰囲気がある」
「女性が多ければ男性も行きたくなる」

など、女性客を増やすメリットは多いと言われています。

ネットビジネスのオープン化に伴い、お金を稼ぎたくて目をギラギラさせている情報商材系の男性ではなく、普通の女性向けのビジネスをやるのも面白いなと。

そんなことを考えていたので、佐藤久美さんにお話を聞いてみた次第です。

女性の購入心理とネットビジネス

大勢の女性からリサーチしたわけではないので正確ではありませんが、とても面白い情報を得ることができました。

セールスレター

「縦長」で「ゴリゴリのヘッドコピー」という時点で、もう読まれないとのこと。そのヘッドコピーがいくら強烈であろうと、あまり関係ない。それよりも「綺麗」「かわいい」という見た目の方が惹き付けられる。

そして下にスクロールしたとしても、文章はほとんど読まないとのこと。

よく「男性は理屈的・女性は感情的」と言いますが、その通りのようですね。イラストなどで惹き付けて、本文も図解やイラスト、画像などをメインにすると良い気がしました。

ただ、それだと男性の反応率が下がりそうなので、女性をターゲットにするならそもそもセールスレター形式のものは使わない方がいいかもですね。

ネットでお小遣い稼ぎを探している人は大勢いる

パートを辞めたいから、ネットを使ってお小遣いを稼ぎたいという女性はかなり多いとのこと。ただ、「月収100万円」みたいなものではなく、数万円のお小遣いを求める人が多いようです。

一攫千金みたいなものには拒否反応を示すと。そういえば、僕のココナラで出品している「堅実に3万円稼ぐ方法」も女性からのお申込みが多いですね。

そして、ネットビジネスに参入する入口としては、

 ・ブログ(アドセンス、サイトアフィリ)
 ・クラウドソーシング

など、記事を書くことから始める人が多いとのこと。女性は文章を読まないと言われていますが、書くのは好きというのは意外でした。

コンテンツ購入時の金額

男性は、「このセミナーで人生を変えてやる!」みたいに一括で何十万円も払う人が多いですが、女性はどうなのでしょう?

聞いてみたところ、

「1万円超えると出しづらい人が多い」
「中途半端(数万円)なら買わないけど、10万円以上の高額なら考える」
「安ければ(無料なら)抵抗なく買う」
「信頼した人やファンになったら高額だろうが何度でも買う」

とのこと。

とりあえず試供品をもらったり、スーパーで少しでも安いものを買おうとするわりに、アイドルの追っかけやホストクラブで何百万円も使うというのも納得です。

他にも「資格や肩書がほしい」など、たくさんの興味深い話しを聞けました。

女性をターゲットとしたネットビジネス

これらの情報を元に、僕がやっているビジネスに応用する方法を考えてみました。検証していませんし、構想も固まっていませんが、思いついたまま書いてみます。

フロントエンド

まず、女性が求めている「月数万円のお小遣い稼ぎ」はすぐに提供できるでしょう。記事を書くのが好きなら、記事作成代行やKindleなど即金レベルで堅実なものがたくさんありますから。

これをフロントエンドとして1000円以内、もしくは無料で配布します。女性を集めたいので、「家事、育児の合間にも自宅でできる~」みたいに訴求すると良いかもです。

では、それをどこで配布するか?

そのままココナラに出品しても、そこそこ反応があるかもしれません。ただ、もっと女性に直接アプローチする方法もありそうです。

例えばメルカリなどで女性服を出品して、落札者に「素敵な服を安く購入して、さらにお小遣い稼ぎが出来る方法」みたいな無料レポートを紹介するとか、配送時にチラシを入れてもいいかもです。

あ、そのレポートは佐藤久美さんのコレです。
Lifusion転売

これは僕のノウハウではないので同じものは配れませんが、他にもやり方はいくらでもあるでしょう。

バックエンド

「一度ファンになってもらえば高額商品も買うし、リピートもしてくれる」ということを考えると、ここからかなり慎重にならなければいけないでしょう。

これは男性がターゲットでも同じですが、リターンは女性の方が大きそうです。

何か高いものを売りつける詐欺の企みみたいになってきましたね(汗)

ここからメルマガやステップメールを流すのがネットビジネスの王道ですが、女性の場合は違う方法の方が良い気がします。文章はあまり読まないとのことですからね。

それにメルマガはクローズドな手法なので、あえて女性をターゲットにする意味もありません。

そこで、まずはFacebookページのようなコミュニティに招待するのはどうでしょう?「自分磨き」「資格自慢」「お小遣い稼ぎ」「お得情報」みたいな話しで盛り上がるコミュニティとか。

口コミで広がるような面白いコミュニティが出来れば強そうですよね。僕にはコミュニティ運営力がないので、やるなら誰かに任せます(笑)

ある程度コミュニティが活発になったら、ニーズがありそうなコンテンツ(バックエンド)を作ったり、「美容器具」「資格の資料請求」みたいなアフィリエイトができるかもしれません。

まとめ

以上、昨日のコンサルを受けた後に思いついたことを書き殴ってみました。そんなに上手くいくことはないと思いますし、もっと練るべきではありますが1つの案として不可能なことではないでしょう。

今やっている山積みの作業を終わらせたら、もう少し具体的な戦略を考えて実践してみます。

日刊ビジネスメルマガ

広告バナー
2006年からネットビジネス一本で生計を立てている実践的なノウハウを無料公開!

コピーライティングやメールマーケティングの王道から最新手法まで幅広くお伝えしています。

再現性抜群の成功メソッドを受け取ってください。

関連記事

  1. ネット副業で稼ぐ最短コース

    稼ぐ方法

    ネット副業で稼ぐ最短コース

    色々調べてるんですけど、情報が多すぎてよくわからないん…

  2. 成長期の参入を見逃さない

    稼ぐ方法

    成長期を見逃さない

    昨日、久しぶりに無料レポートを書いてみました。先ほどメルぞうと…

  3. クラウドソーシング

    稼ぐ方法

    クラウドソーシングで稼ぐ方法

    昨日、レポート作成を外注しようと思い、いつも利用しているクラウドソ…

  4. ビジネス初心者向け講座

    稼ぐ方法

    これからビジネスを始める人へのアドバイス

    料理のオンライン講座をやりたいという質問をいただいたので、僕がその…

  5. 初心者でも稼げるおすすめ副業の始め方

    稼ぐ方法

    初心者でも稼げるおすすめ副業の始め方

    「会社の給与だけでは厳しい」「年金も当てにならないし、将来が不安」…

  6. アフィリエイトで稼ぐための特典作成法

    稼ぐ方法

    アフィリエイトで稼ぐための特典作成法

    「アフィリエイト用のオリジナル特典を作りたい」「大量に特典を付けて…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Kindle関連 おすすめ記事

  1. 売れる電子書籍のタイトル

マーケティング関連 おすすめ記事

  1. ステップメールの書き方
  2. 初心者でも稼げるおすすめ副業の始め方
  3. ステップメール
  1. Kindle用の電子書籍の制作方法

    電子書籍

    Kindle用の電子書籍の制作方法
  2. 電子書籍

    ビジネス関連のKindle本紹介
  3. 電子書籍

    1年でヨガ教室の生徒を10倍にした集客法
  4. 売れる電子書籍のタイトル

    電子書籍

    売れるKindle電子書籍のタイトル
  5. 電子書籍

    Kindle電子書籍出版のための初期登録
PAGE TOP